【港区あるある】スーパーカーオーナーの共通点がカッコ良すぎる件。

14年無敗の最強自動売買システム。 詳しくはこちら >>


いつも当ブログをお読みくださり、本当にありがとうございます。

ブログランキングに参戦中です!
下記の投票ボタンをポチっと応援してもらえると嬉しいです!!





日は少しポルシェについて書いたんですが、
その矢先にGT2RS乗りの友人から連絡があったので、
一緒にドライブしてきました!!

【港区あるある】スーパーカーオーナーの共通点がカッコ良すぎる件。

僕も昔同じモデルに乗っていたので懐かしさMAX。
ついでにテンションもMAX。笑
やはりドイツのハイパフォーマンスカーも最高ですよね♪
ドライな重低音がたまりません・・・・。


が、しかし、ドイツ車は値落ちが激しいので、
リセールは覚悟しておく必要があります。


とはいえポルシェに関しては、
ドイツ車の中で唯一の例外というべきか、
特に911をはじめ買い支えが分厚いので、
ある程度のリセールバリューは担保されています。


そうした人気ぶりからしても、
「いつかはポルシェに」と夢を抱えながら、
日々頑張っている数多くの911ファンの姿が容易に想像できます。


夢は夢である限り追いかけてしまうので、
さっさと夢から目標に変えて、
「いつまでにポルシェに乗る」と決めてしまえば早いんですけどね・・・。


「夢を追いかける」っていかにもカッコよく聞こえますが、
めちゃくちゃカッコ悪いので。


人はあっという間に死ぬ日が訪れるので、
のんきに追いかけてる暇なんてないという話です。


そんなことを前回の記事で書いてみたところ、
かなりの反響をいただいて、
実際に本気スイッチが入った方も少なくないようです。


メールのやり取りをしているだけでも、
単語の1つ1つからそういう本気度はビシバシ伝わってきます。
そういう方の背中を、僕は全力で後押しさせていただきます。


スーパーカーなんて一人で運転しているより、
何台も連なって皆でドライブしたほうが断然楽しいので♪

このブログを通じて、
一人でも多くのスーパーカーオーナーが誕生すれば何よりです!

 


さてさて本題に。


で気になるのはやはり、維持費ですよね。
昨今のスーパーカーはどんどん電気化されてきていますが、
バッテリー上がってしまうと交換費用に1000万以上掛かることもザラです。
バッテリーだけで高級車買えます・・・。

流石にそれは極端な例ですが、
外車に乗ってみたいけれど、維持費が心配・・・・・。
という方も少なくないはず。


それでもカッコイイ高級車に乗りたい!

という方はレクサスを選ぶのかもしれません。


た~だ・・・・人生は1度きりです。


自分が「本当にやってみたいこと」に蓋をしてしまうのは、
本当に勿体ないです。


やりたいことを思う存分やりきって楽しむための命を授かっておきながら、
わざわざ自分の本当の欲望を押し殺す必要なんてありません。


そもそも昨今の輸入車はどんどんクオリティが上がってきているので、
昔とは比べ物にならないほど故障しづらくなっています。
それこそ、ポルシェなんかは相当に安心できます。


流石に人生初の輸入車でイタリア車やイギリス車となると、
いろんな意味で少し難易度が高くなるかもしれませんが、
1台目からあえてイタリア車を選んでみるのも、
それはそれで楽しい人生になることは間違いありません。

車は機械というより生き物ですし、お馬さんですから、
壊れて当然、そりゃ機嫌悪いときもあるでしょって話です。


車を機械として捉えている方は「壊れた」と表現するでしょうし、
生き物として車と接している方は「ご機嫌斜め」と表現します。

本当に車が好きな方であれば、
メンテナンスにしっかり愛情を注いであげて、
車と共に成長していく人生を歩まれるのではないかと。


親バカではないですけれど、
言うことを聞かない不良生徒ほど可愛かったり、
壊れやすい車ほど可愛かったり。


そんなふうに愛おしめる人生って、素敵ですよね。


故障したらどうしようとか、
維持費どうしようとか、
車検どうしようとか・・・・・。


悩み始めればキリがない訳で、
そんなことを気にすると、
人生はどんどんつまらないものになっていきます。


そういう人は、
維持費が掛からず、しかも壊れない車に乗れば済む話。


もちろんそれと引き換えに、カッコ良さは失われますが・・・・。
どちらを選ぼうが、その人の人生です。


特にフェラーリなんて、
そんな小さいこと気にしてたら乗れませんし・・・。


どちらにしても、
「維持費が心配」というような、
ちっぽっけな理由で輸入車を諦めている方は、
思い切って1度ぐらい所有してみるのもアリではないかと。

 


しつこいですが、人生は1度きりです。


特にドイツ車は国産車に比べて、
高速走行時の直進安定性がハンパじゃないので、
その素晴らしさを1度体感してしまうと、
二度と国産車に戻れなくなる方も少なくありません。
実際、そういう方が殆どです。

たしかに国産車に比べると、
多少は維持も大変になるかもしれません。
交換部品の在庫が無いなんてこともザラです。


もちろん、お金も掛かります。


ただ・・・・
そういう手間暇であったり、経済的な負担であったり、
そんなのは、1度乗ってしまえばどうにでもなります。


本当に「乗りたい」という情熱があるのであれば、
その情熱が全てをカバーしてくれます。


アクセルを踏んだときの気持ちよさ、
駆け抜ける喜びが、全てを忘れさせてくれるので。


維持費がどうとか、故障がどうとか、
そんなちっぽけ悩みなんて、悩みではなくなるということです。


ということで、
輸入車を諦めて国産車で我慢されている方も、
人生のうち1度ぐらいは思い切って、
輸入車の世界に足を踏み入れてみても面白いかもしれません♪


1度乗ってしまえば、
乗るまでに躊躇っていた時間が勿体なかった・・・・・・

と痛感するはずです。


そして、
1度乗ってしまえば「どうとでもなる」ことも実感できるかと。


つまり自分の中での「普通」という基準が引き上がるということです。


それまでの自分にとって「当たり前」ではなかったことが、
気付けば「当たり前」になっている。


そんな生き方のほうが、
人生は何倍にも楽しくなっていきます。


憧れを憧れのままに終わらせることなく、
どんどん夢を目標に変えて実現させていく生き方ですね♪


自分にとっての「普通」を変えていくということです。


普通の人からすれば、
普通でない人は「頭おかしい」と言われるかもしれませんが、
頭おかしいぐらいが丁度いいです。


スーパーカーオーナーなんか特に、
いい意味で頭おかしい人しかいないので。


大衆的な常識で物事を捉えていると、
何ひとつ会話についていけません。


多数派に属しながら、
普通に普通のことを考えて普通に行動したところで、
億り人なんて夢のまた夢です。


ちなみに一言でポルシェと言っても勿論ピンキリなので、
たとえば王道の911でみてみると、
ザックリ500万~5000万の価格帯で、
実に10倍もの開きがあります。


GT2RSあたりは最低でも4000万、
コンディションが良ければ5000万はします。
逆に最安値の911であれば、300万程度で買えたり。


輸入車に興味あるけど、維持できるか心配という方は、
数百万で買えるものを1度所有してみて、
実際に「維持する日々」を実体験してみるのもアリです。


維持する大変さなんて、
911のハンドルを握る喜びが一瞬で掻き消してくれるはずです。

維持するなんて「どうってことない」ということが腑に落ちれば、
どんな車とも難なく付き合っていけるかと。

 


ホント、人生は1度きりです。

 


そして時間には「容赦」というものがありません。
悩んでいるその時間さえも勿体ないです。


そこで前回の記事では、
「誰でもスーパーカーオーナーになれる」
という話をしたんですが、


読者様の中には、
「誰でも乗れるは流石に言い過ぎだろ!」
と思われる方もいらっしゃるのかもしれません。


「つーか奇跡的に買えたとしても、維持できねーし」
みたいな罵声も飛んできそうです。


仰る通り、
維持できないと思っている人は、維持できません。
維持してみればどうってことない。
ということを行動で理解できた人だけが、付き合っていける車です。


スーパーカーって、そういうものです。
できるできないではなくて、やるかやらないかです。


スーパーカーオーナーになれない人、
つまり夢を夢のままで語っている人は、
「できるできない」で物事を語り、できない理由を探します。


既にスーパーカーオーナーになっている人は、
「やるかやらないか」で人生を駆け抜けています。


結局のところ本物の億トレーダーが少なすぎるのは、
相場を「予測できる人」はいても「張れる人」がいないのと同じで、
この世の中はやるかやらないかで回っています。


「維持できねーし」なんて推測だけで語ろうとする人が、
そりゃ維持できるわけないでしょって話です。


というより、
維持が「大変」と感じる人に乗る資格があるのかは疑問です。


どれだけお金や時間がかかっても、
維持するのが「楽しい」と感じられる人にこそ、
カッコイイ車は似合うんじゃないかなと。


実際、そのほうがお馬さんも喜ぶでしょうし。
いやいやながら面倒臭そうにブラッシングされたところで、
ぜんぜん気持ち良くないでしょうから・・・。


それでここから本当の本題なんですが、
自分にはとてもスーパーカーなんて・・・・
と考えている方は多くの場合、

自分で自分を過小評価しています。


何故なら世間では、
「自分を過大評価するな」と言われているからです。

そうやっていつの間にか、多数派へ属していきます。


実際は全くの逆で、
自分で自分を過大評価してあげるぐらいが丁度いいです。
自分で自分の未来を信じてあげるということです。


自分の期待値ですね。


自分が唯一、心の底から信じられるものは、
自分だけではないですか?


逆に、自分で自分すら信じられない人は、
一体なにを信じて生きていくんですかって話に。


自分からも信じてもらえない自分とか、可哀想すぎますよね。
そんな人は当然、誰からも信じてもらえません。


別に難しい話ではなくて、
自分で「自分の未来」に期待してあげればいいだけです。


「自分にはとても〇〇なんて・・・・」
と考えてしまう思考回路が既に負組だったり。


たとえば「いつかはポルシェに」という夢があれば、


「自分には乗れない・・・・」ではなく、

「自分ならきっと乗れる!」でもなく、

「必ず乗る!!」と断言できる人だけが、


実際にポルシェオーナーになっていきます。

自分で自分を信じて突き進む力、いわば突進力ですね。
しかし本当に難しいのはここからで・・・・。


自分の未来に期待して、
しっかりと自分を信じられる人はいくらでもいます。
しかし、信じ通せる人は殆どいません。


一生涯、死ぬ瞬間まで、
自分で自分を「信じる」を貫き通せる人です。


殆どの人は、途中で折れます。


「いつか必ずポルシェに乗ってみせる!!」と宣言して、
頑張っても頑張っても結果が出せずに挫折して、
気付けば「やっぱり自分にはポルシェなんて・・・」
という思考回路へ逆戻り。


そして憧れだったポルシェは、再び憧れへ・・・・。
その後ろ姿はどんどん離れていきます。

そんな繰り返しが、多数派のサイクルかと。


相場を「予測できる人」はいても、
「張れる人」がいないのと同じ原理です。


分かってはいても、貫き通せる人がいない。
要は、自分に自信が持てないということです。


「結果が出ない」ぐらいでへこたれるようであれば、
最初から自分を信じてなかったということです。


「信じる」って、そう簡単な話ではありません。


いや、簡単なんですけどね・・・・。

 

 


ということで、1度きりの人生。

 


生涯の中でたった1度くらい、
自分で自分のことを信じ通すと決めて、
突き進んでみても楽しいかもしれません♪♪


ちなみに客単価数百万の高級店の上には、
客単価数千万の超高級店がありますし、


更にその上には、
「億」という単位だけが飛び交う超々高級店もありますよね。


たとえば車屋さんの話でいくと、
セールストークでお決まりのように出てくるのが、
「誰もが乗れるお車ではございません」という言葉です。

これは車そのもの希少価値を示しているだけでなく、
暗に「誰もが乗れない車に乗れるお客様は特別です」
と言っているようなものです。


もちろん直接そんなことは言いません。
しかしそう言っているのと同じです。


「誰もが乗れるお車ではございません」と言われると、

お客さんは頭の中で勝手に
「特別な人しか乗れない車、てことは自分は特別
というふうに変換します。


つまり特別扱いされる自分であったり、
そうした「スペシャリティ」に酔いしれるということです。


人間はほんと単純バカなので、
「お客様は特別です」という類の言葉を延々と浴びせられると、
「あれ、もしかして自分って特別かも?」なんて錯覚しちゃいます。


まぁそれが、超高級な世界の恐ろしさです。


自分が特別になったかのような錯覚を恐れて、
ロールスロイスを秒で手放すオーナーさんの話は、
以前の記事で書いたとおりです。


スペシャルな待遇に酔いしれて、
「自分は特別なんだ」と喜んでいるのは、
なんちゃってセレブぐらいです。


いわば中途半端な小金持ち。
本物のお金持ちになりきれていない貧乏人です。


本物のセレブは特別扱いされることが当たり前なので、
別に特別扱いされたところで何とも思いませんし、
何の感動もありません。


それが普通です。


「当たり前」の基準を上げていくって、そういうことです。


遠回しに「お客様は特別です」と暗示してくるセールストークなんて、
ただの挨拶ですからね。


「お客様のような方にこそお似合いになります」って、
皆に言ってるワケですから。


しかしお金のない人は、
特別扱いしてもらえる自分は特別なんだと思い込むので、
それでつい財布の紐が緩みます。


「特別扱い」してもらうことでしか、
自分に価値を感じられない人生って、
悲しすぎると思いませんか?


自分で自分の未来を信じて、
自分に期待してあげるだけで特別になれるというのに。


自分の価値なんて、自分で決めるもんです。


それができない人は「特別扱い」されて喜んで、
似合いもしないハイブランド品をどんどん買い漁って、
何も生み出さないお金の遣い方で浪費していきます。


お金に働いてもらう場合、お金が従業員ですから・・・・。
そんな大事な従業員を手放してどうするんですかって話に。


高級品のためにお金を浪費する人は、
お金が働いてくれないので自分で働く必要があります。
働いては浪費して、働いては浪費しての繰り返し・・・・。


それが死ぬまで続きます。
お金を殖やす「しくみ作り」ができていないので。


お金を遣うことばかり考えて、
お金を浪費して、
お金のために肉体労働で自分の時間を切り売りして、
それじゃ何のための命か分かりませんよね。


お金のために生きるとか、奴隷すぎます。


考えは人それぞれですが、
少なくとも僕は、そんな人生はまっぴらゴメンなので、
働くことはお金に任せて、お金に働いてもらってます。


そして僕はその実現手段として、自動売買を選択しています。


ちなみにハイブランドな話でいうと、
港区の女性は5人に1人はバーキン持ってる感じです。


残念ながらその多くは似合っておらず、
そもそも偽物のケースがほとんど・・・・・。

バーキンなんか鞄1つで普通に500万とかしますからね。
偽物かどうかはすれ違いざまでも一瞬で判ってしまいます。
もうぜんぜん、質感が違うので。


まぁ安さには換えられないんでしょうけれど・・・
偽物買ってまでして皆と同じバッグ持って、
何が嬉しいのって話です。


車でいうと、ゲレンデと同じですね。


完全なる飽和状態
皆が皆の真似をする異常事態です。


結局それが、多数派に属するということです。


偽物バーキンの話でいくと、
更にその裏をかいて、
ホンモノと同じ価格設定で偽物を数百万で売ってる業者もありますから、
ホント気を付けてくださいね・・・・・。


「高ければ本物でしょ」みたいな成金思考の人が騙されます。


こんなに特別扱いしてもらって、
こんなに高いバッグも買えて、
「もしかして自分って特別かも?
なんて勘違いしそうになった場合には、
「もしかして自分って特別カモ?
と変換するのをオススメします。


店側からすれば、
似合いもしないハイブランドを買い漁ってくれる客は、
カモであることに間違いないので。


どちらにしても、
全身をハイブランドで塗り固めているようなお金持ち(?)が
地下鉄の長い階段を上り下りするのはおかしいでしょって話です。


上り下りに無駄な時間を遣ってる時点で、
そもそもお金持ちの思考とは正反対・・・・


というかバッグに何千万も遣える人は普通、
ロールスやらベントレーやらを自分で駆るか、
お抱えの運転手がいるでしょって話です。


要するに、
身に付けている高級品とライフスタイルが釣り合っていない時点で、
偽物なんちゃってセレブさんということです。


だいたい99%がそれです。


いや、99は言い過ぎました。
99.9%です・・・・。


バッグにしても、洋服にしても、腕時計にしても、
持たされている人が殆どということです・・・・。

お洒落な家具屋さんなんかに行ってもそうですよね?


めちゃくちゃオシャレな一人掛けの椅子に腰かけて、
似合っている人を見たことがありません・・・・。


座っているというより、座らされている。

しかしそれを見た店員さんが何と言うか、
そして特別感を手にした客がどう思うかは、
容易に想像できますよね?


バッグを持たず、持たされている人。
服を着ず、着せられている人。
椅子に座らず、座らされている人。
腕時計を着けず、着けさせられている人。


億れる人とそうでない人との違いは、
実はそうしたところにも見て取れます。


お金をモノに浪費して、
モノに振り回されてしまう人は、
残念ながら億の世界には入れません。


せいぜい数百万とか、数千万どまりの世界で、
稼いでは消費してを繰り返します。


もちろん車にしたって同じ話です。
というか車がモロに分かり易いですね。


スーパーカーが停車して、
一体どんなオーナーさんが降りてくるんだろうって、
息を呑んで見守った瞬間ってありませんか?


そして「かっこいい!」と思うより、

むしろ残念すぎて、
ガックリしたことのほうが圧倒的に多いはずです。


高級バッグをぶら下げていても、肝心の本人がダサい。
高級チェアに腰かけていても、肝心の本人がダサい。
高級腕時計を着けていても、肝心の本人がダサい。
高級車に乗っていても、肝心の本人がダサい。


そんなふうに、
釣り合っていない人が圧倒的に大多数を占めています。


トータルでダサければ、何の意味もないですよね。


そして「釣り合い度」は、お金では決して買えないものです。


そうして品格を身に付けていくことのほうが、
人生においては遥かに大切だと、僕はそう考えています。


お金に働いてもらう発想のない人は、たいしてお金を稼げません。


お金を稼げない人は、
「高級店で高級品を買えること」それ自体に価値を感じます。


しかし実際は、
しっかりした投資マインドさえあれば、
お金を稼ぐことなんて簡単です。


しかし高級品に釣り合うだけの品格を身に付けることは、
一朝一夕にはいきません。


後者のほうが遥かに高難易度、ほぼ無理ゲーです。
しかも、ダサければお終いです。


お金は誰でも稼げます。
スーパーカーオーナーなんて、誰でもなれます。


しかし似合うかどうかとなると、また話は別です。
お金を稼ぐのは簡単でも、品格は手に入りません。
なぜなら品格は買えないからです。


そうした何度の違いがあるからこそ、
六本木界隈にはただただお下品なだけの、
残念なアホ成金らが犇めき合っています。


「金持ってるオレ最強。金ならある。」系の連中です。

高級料理店のカウンターにしても、
だいたい1組はその手の客が混ざっています。


お店の雰囲気を台無しにしていることにも気付けない、
KYな人種です。


まぁこれも、港区あるあるです。

 


何事も、買うのは簡単です。


しかし世の中には、
数多くの「お金では買えないもの」があります。


そして、お金では手に入らないもののほうが、
人生では遥かに重要になってきます。


「いつかはポルシェに」と夢見るのもアリですが、
あなたが実際にポルシェオーナーになったとして、
傍からポルシェとあなたをセットで見たとき、
果たしてその姿がカッコイイかどうかです。

 

ポルシェと釣り合っているだけの、自分であるか。

それは「買える買えない」ではなく、
「似合う似合わない」の問題です。


買える人なんて世の中にゴマンといます。
しかし似合う人となると、超々少数派です。

それが本当の意味での勝組ではないかと、
僕は常々そう考えながらハンドルを握っています。


冒頭に書いたとおり、
「できるできない」で物事を考えようとする人は、
「買える買えない」で自分の価値を判断します。


「やるかやらないか」で直ぐに行動して、
どんどん夢を実現していける人は、
「似合う似合わない」で自分の価値を判断し、
似合う自分になれるよう、どんどん成長していきます。


億トレーダーを夢見て、
必死にチャートと向き合うのもいいですが・・・・


トレードをやる前に、
もっともっと大事なものがあるということを、
多くのトレーダーが忘れてしまっています。


あなたの存在価値は、
「買える買えない」では決まりません。


ポルシェを買ったからモテる。
ポルシェを買えたからカッコイイ。


というふうには、決してなりません。

お金云々はどうでもよくて、
トレードとかほんと二の次、三の次です。


多くの市場参加者が、
最も大事なことを置き去りにしてしまっている。
それが今の世の中です。

 


たった1度きりの命。

 


せっかくならカッコよく生きたいですよね。
ダサく生きたい人なんていないはずです。

しかし現実を見渡してみると・・・・・


カッコいいバッグを持って、
カッコいい腕時計を着けて、
カッコいい車に乗れば、自分も自動的にカッコよくなれる。

 


そう勘違いしているプレイヤーが多すぎてドン引きです。
それこそ、ダサい生き方ですよね。


何がダサいって、
似合っていない自覚がないのもダサいですけれど、


「買える買えない」でしか自分の価値を測れないところが、
究極にダサすぎます。

 

そういう人はブランド品に走って自分の存在を主張します。


どちらにしても、
まずは自分にとっての「当たり前」や、
自分にとっての「普通」の基準を上げていくことから始まります。


「〇〇なんて夢」と思っていたものが、
「〇〇なんて普通」と思えるようにようになれば、
しめたものです。


「できるできない」の思考癖を、
「やるかやらないか」の思考癖に変えていくことで、
それらは叶っていきます。


実際にやってみれば、
「実は意外と簡単だった」なんてことは山ほどあります。
やらなきゃ損というべきか、やったもん勝ちです。


多くの人は、そもそもやらないので。


手足を動かすことなく、
できない理由探しばかりやってます。


実際にやってみて、
たとえ1ミリでも目標達成に近付けたとき、
「まだまだ自分は捨てたもんじゃない」と思えるはずです。

 


自分の人生。


捨てたもんじゃないと思えるようになれば、
もはや勝ったも同然です。


自分を過小評価するのはやめて、
自分の未来に、そして自分のポテンシャルに、
期待してあげてください。

億れる人とそうでない人との違いは、
自分で自分を信じ通せるか、否かです。


お金よりも大事なものを見失うことなく、
トレードと向き合っていきたいですね♪♪


バーキンを持つのであれば、
それはエルメスの看板を背負っているも同然。

ポルシェのハンドルを握るのであれば、
それはポルシェの看板を背負っているも同然。


「いつかはポルシェ」という夢を、
「いつまでにポルシェ」という目標に変え、
実際にポルシェオーナーになったあなたの姿を見て、


「なんてダサいオーナーなんだろう・・・」と思われるか、
「なんてカッコいいオーナーなんだろう!!」と思われるか。


この違いは大きいというか、
この違いこそが人生ですよね・・・・。


「あんなポルシェオーナーにはなりたくないな・・・」


と失望させてしまうか、


「自分もいつか、あんなポルシェオーナーになりたい!!」
と希望を持ってもらえるかです。

ポルシェのハンドルを握るって、そういうことですよね。


ポルシェを買うなんて誰でもできる話で、
問題は、その先です。


なので、ただ単に、
「ポルシェオーナーになること」を夢にしてしまうと、
ちょっと危険です。


ポルシェに対する敬意があれば、
ポルシェに対して失礼のないよう、
カッコいいポルシェと釣り合えるだけの、
カッコいい自分になれるよう頑張ろう!!!
と思うのが自然な流れです。


しかし現実を見渡してみれば、
残念なオーナーさんのほうが圧倒的に多い・・・・。


もちろん、ごくごく稀に、
めちゃくちゃカッコいいオーナーさんもいらっしゃいます。

ポルシェに乗せられることなく、
ポルシェを乗りこなしている方を見ると、


「やっぱ、ポルシェってイイよなぁ・・・」

って思えますよね♪

 

 


たった1度きりの命。

 


どうせなら、
ダサく生きるより、
カッコよく生きたいものです。

ポルシェにしても何にしても、
素敵なものを買い揃えるのは簡単ですが、


どれだけ素敵なモノに取り囲まれたところで、


肝心の本人が素敵でなければ、
決して素敵な人生にはなりません。


トレーダーはどうしても「稼ぐこと」に集中しがちなので、
稼ぐこと以上に大切なことを、忘れてしまいます。

 


トレードで稼ぐなんて、当たり前。


稼いだ先で、どう生きていくかです。


自分もいつか「ポルシェオーナーになる」と決めて、
自分の夢として自分ひとりで追いかけるのは簡単ですが、


「あの人みたいなポルシェオーナーになりたい!」
と思ってもらえるような、


人に夢を与えられる生き方のほうがカッコイイんじゃないかなと、
少なくとも僕はそう考えながら生きています。

 


夢を追うより、夢を与える。


この違いは、大きいです。


そしてこの違いこそがまさに、
億れる人と、そうでない人との違いです。





今日も最後までお付き合いくださり、本当にありがとうございます!!

この記事が面白いと感じていただけた方は、
下記の投票ボタンをポチっと応援してもらえると嬉しいです!!





  • コメント: 0

【億トレーダーが暴露】勝者と敗者の致命的な違いは「〇〇感」です。前のページ

【ダサ成金必見】ほんとにカッコいいポルシェオーナーは必ず「〇〇」を持っている!?次のページ

関連記事

  1. Uncategorized

    【FX自動売買まめ知識】複数EAを同時に稼働しているMT4で各EAを「個別停止」させる方法。

    先日ご紹介させていただいたEA1は、複数通貨同時に稼働させることを前提…

  2. Uncategorized

    【FX自動売買】億トレーダーが「勝者と敗者の違い」を暴露します。

    EA1を公開して、はやくも3週間が経過しました…

  3. Uncategorized

    【港区あるある】ロールスロイスを秒で手放す「本当の理由」が流石すぎる件。

    みなさんクリスマスはどのように過ごされましたか?僕は丸の内イルミネーシ…

  4. Uncategorized

    【月利120%超え!?】億トレーダーが作った「超高頻度トレードEA」が聖杯すぎる件。

    自動売買で億れる人と、そうでない人。その違いは一体、どこにあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   どんなに些細なことでも、お気軽にどうぞ♪♪

人気記事

  1. Uncategorized

    【億トレーダー愛用】本気で「億る」ための、神ツールまとめ。
  2. Uncategorized

    【FX自動売買】1年以上のフォワード成績を完全公開します。(平均月利43.6%)…
  3. Uncategorized

    【神案件】14年無敗の「トレード必勝法」を一般公開します。
  4. Uncategorized

    【神案件】重要指標も完全無視で負け月なし。完全放置で「月利10%」を維持し続けて…
  5. Uncategorized

    【FIRE】億トレーダーの「最強ポートフォリオ戦略」が無敵すぎる件。
PAGE TOP