【相場攻略のカギ】カリスマ過ぎる医者、弁護士、億トレーダーの共通点とは?

14年無敗の最強自動売買システム。 詳しくはこちら >>


いつも当ブログをお読みくださり、本当にありがとうございます。

ブログランキングに参戦中です!
下記の投票ボタンをポチっと応援してもらえると嬉しいです!!





者、弁護士、億トレーダーの共通点と聞いて、
何が思い浮かびますか?


「高給取り、お金持ち」といったイメージが強いかもしれませんが、
実際は全くそんなことはありません。


億トレーダーは間違いなくお金持ちですが、
貧乏な医者や弁護士は大勢います。


といっても年収数千万は当たり前の業種ですので、
それなりに裕福と言えば裕福かもしれませんが、
その収入額はピンキリなので、
何をもってお金持ちと定義するかにも因ります。


医者、弁護士、億トレーダーは、
非常に専門性の高いプロ知識を要求される世界なので、
どの業種にしても戦場であることに変わりありません。

医者の戦場は、手術室。
弁護士の戦場は、法廷。
億トレーダーの戦場は、相場。


そしてどの世界にもカリスマはいて、


手術成功率100%のカリスマ医師。
勝訴率100%のカリスマ弁護士。
勝率100%のカリスマトレーダー。


などなどいるワケですが、
こうしたカリスマ達の共通点は何でしょうか?


連戦連勝のカリスマ武将なんかもそうですね。
負け知らずのカリスマに共通しているもの・・・・

 


それは、「負け戦」をしないということです。

 


あまりにも当たり前のこと過ぎて、
拍子抜けされた方もいらっしゃるかもしれませんが、
それを実践されている方は数少ないかと・・・・。


当たり前のことを、当たり前にやるという、難しさです。


だからこそ、
逆にそれができるプレイヤーは、
カリスマとして崇められたりします。


しかし実際は、
カリスマでも何でもなくて、みんなただの凡人で、
当たり前のことを当たり前にやり続けているだけなんです・・・。


「負け戦を見送る」というのは、
勝算があるところでのみ勝負を仕掛けるということ。

 


つまり、勝ち目です。

 


圧倒的な勝ち目を確信した局面でのみ仕掛けていくことで、
その勝率は必然と上がっていきます。

ということで、
成功する手術しかしない医者、
勝てる訴訟しかしない弁護士、
勝てるトレードしかしないトレーダーは、
当然のごとく無敗となります。


勝算のある仕事しか引き受けないというと、
響きが悪く聞こえるかもしれませんが・・・・


それが現実です。

 

 


ちなみにトレードはよく波乗りに喩えられますが、
やっていることは実際、サーファーと何ら変わりません。


ビッグウェーブがくるのをひたすら待って、待って、待ち続けて、
「チャンスが訪れた瞬間」を逃さずに掴んでいく。


これは医者、弁護士、トレーダー、サーファーに限らず、
全ての分野で共通の鉄則かもしれません。


プロのカメラマンにしたって同じですよね。
奇跡の瞬間が訪れるのをひたすら待って、待って、待ち続けて、
ここぞという瞬間にシャッターを切る。


かつてのカリスマ戦国武将にしたってそうですし、
みんな違うことをやっているようで、
実際はみんな同じことをやっています。

 

 

 


勝ち目のない負け戦をしない。


これは絶対的な共通点ではないでしょうか。

 


そしてそれができるプレイヤーこそが、
その道のプロと言えるのではないかと思います。


少なくとも僕はそう考えていて、
実際システムUAも既に14年以上にわたって、
当然のように年勝率100%を達成していますし、

この2022年も爆益です。

これはひとえに、
勝ち目のある波だけを掴んできたからに他なりません。
シンプルに、微妙な波を見送るというだけの話です。


トレーダーであれば誰しも、
独自のオリジナル手法で鉄板ポイントをお持ちのはずです。


いくつかの条件が重なったときにエントリーすれば、
ほぼほぼプラスで終えられるというポイントです。


そうした勝算を得られる相場局面は、
果たしてどれほどの頻度で訪れるでしょうか?


複数の銘柄を監視していたとしても、
せいぜい1日に1回程度ではないでしょうか?


下手すると、週に1回かもしれません。


極論、
そうした鉄板ポイントだけに厳選していけば、
負けようがないと思いませんか?

 

 


つまり誰でも勝てるといえば、
誰でも勝てる世界です。

 


しかしそれを実践できるトレーダーは殆どいないので、
9割以上のトレーダーは慢性的にポジポジ病かと。


週に1回のトレードで満足できず、
1日1回のトレードでも満足できず、
1時間に1回はポジションを持ちたくなってしまう。


もうその時点で負け組確定です。


そもそも勝ち目ある鉄板ポイントなんて、
そう何度も訪れるものではないので。


実際システムUAでもエントリーを見送ることが多々あり、
先週もほとんどノートレでしたが、
それでも皆さんかなりの利益を獲得できたかと思います。

そして今日も爆益でしたね・・・・。

 


つまり、
利益を上げるためにトレード回数は必要ないということ。

 

 


まさにこの事実こそが、
多くのトレーダーが犯している致命的な勘違いかもしれません。


資金力に乏しいがゆえ、
より多くの利益を獲得するために、トレード回数を増やしていく。


そんな思考回路に走った時点で、地獄の始まりです。

トレード頻度を上げれば否応なく、
勝ち目のない相場で無理矢理エントリーすることになります。


すると必然的に、勝率も下がっていきます。


勝率を上げようと思った場合、
何もわざわざ勝ちトレード数を増やす必要はありません。


負けトレード数を減らせばいいだけの話です。
勝つことよりも、負けないことを優先する。


これに尽きます。


極論、トレードしなければ無敗ですしね。
しかしどこかで勝負しない限り利益は得られませんので、
仕掛けるポイントを厳選して、厳選して、厳選しまくって、
ここぞという場面でのみ、勝負していきます。


そうした厳選の度合いが、
勝者と敗者の明暗を隔てているといっても過言ではありません。


いつでもポジってたいというプレイヤーは、
必ず消えていきます。


なかなかお金が殖えずに悩んでいるトレーダーさんは、
勝つことを意識するよりも先ず、
負けないことを意識していくことで、
無駄なトレードが減り、余計な精神負荷も減り、
より楽に、利益に結び付くトレードができるのではないかと思います。


そうなってくると、未来は明るいですね♪


「負け戦を見送る」というのはとてもシンプルで簡単なルールですので、
誰でもすぐに実践できるのではないかと思います。


要はふるい分け、フィルタリングです。

週1回の取引で十分。
ぐらいの感覚がちょうどいいかもしれません。

 


結論になりますが、


最終的な獲得利益額と、
そこに至るまでのトレード回数は、
必ずしも相関しないというお話でした。


むしろトレード回数を増やせば増やすほど、
最終的な獲得利益額は目減りしてく可能性のほうが高いです。


システムUAのユーザーさんは既に、
こうしたプロトレーダーとしての心構えも、
日に日に染み付いてきているかと思いますので、
これからも焦ることなく、
然るべき場面でのみ仕掛けていきましょうね♪

 


最後にちょっと余談ですが、
もう1歩踏み込んだ話をしたいと思います。


勝訴率90%の弁護士Aさんと、
勝訴率50%の弁護士Bさんがいたとして、
あなたならどちらの弁護士にお願いしたいと思いますか?


多くの方はAさんに依頼したくなるかもしれませんが、
業界の真実は、全くそう単純な話ではありません。


億トレーダーが負け戦を徹底的に見送っているように、
医者も弁護士も、基本的に負け戦は引き受けません。


勝ち目のある仕事しかしたくないのは、
人間ですし当然の心理です。

逆に言えば、
勝訴率50%の弁護士Bさんは、
他の弁護士が引き受けたがらない、
難しい案件をも引き受けてくれる、
いわば良心的な弁護士さんなのかもしれません。


勝ち目のない案件で勝訴率50%となると、
2回に1回は勝っているワケですから、
逆に優秀と思えませんか?


一方の弁護士Aさんは、
誰でも勝てる案件ばかりを引き受けて、
それでも10%負けてしまっているワケですから、
高勝率とみせかけて、実は腕の立たない弁護士なのかもしれません。


ということで、
プレイヤーを適正評価するにあたって、
その勝率は何の参考にもならないということです。


失敗すると分かりきっている、
誰も執刀したがらない超難病を引き受ける医師は、
たとえ勝率10%でも神ですよね。


10回に1回は命が助かる可能性があるのであれば、
その10%に望みを託したいと思うのが人間ではないでしょうか?

法律の世界も、医療の世界も、勝率は付き物です。


だからこそ、
高勝率を誇らしげにセールスしている悪徳業者が後を絶ちません。


実際は、勝率なんて何の意味もありませんが、
素人ほど「高勝率」という言葉に騙される傾向にあるようです。
もちろんトレードにしたって全く同じ話です。


高勝率を謳うEAなんて腐るほど出回っていますが、
どれだけ高勝率だからといって、
最終的に利益が積み上がるかどうかは全く別問題ということ。


ちなみにシステムUAの月勝率は75%ほどですので、
4ヶ月に1回は普通に負けますが、
年勝率は100%ですので、通年では勝ち続けています。


一方で、世間で流行っているシステムの多くは、
毎月勝ち続けて、最後に全てを喪うタイプのものが殆どかと。
いわゆるコツコツドカン型です。


たとえ勝率99.9%の超安定ロジックなんて掲げられたところで、
残り0.1%のトレードで全損になるのであればゴミ確定。

 

毎月勝って、最後に泣きたいのか、
ある程度の負け月を受け入れて、最後に笑いたいのか。


そうした短期目線、長期目線の違いこそが、
プロとアマの境界線のようです。

 



今日も最後までお付き合いくださり、本当にありがとうございます!!

この記事が面白いと感じていただけた方は、
下記の投票ボタンをポチっと応援してもらえると嬉しいです!!





  • コメント: 0

【閲覧注意】住宅ローン破綻者続出の “闇” を暴露します。前のページ

関連記事

  1. Uncategorized

    【FX自動売買】億トレーダーが「億るための絶対条件」を暴露します。

    必勝法はどこにあるのかというと、礼儀作法のある場所にのみ、それは流…

  2. Uncategorized

    【たった3条件!?】誰でも「圧倒的結果」を出せる方法が単純明快すぎた。

    今日はフェラーリさんにご招待いただいて、最新モデル「296GT…

  3. Uncategorized

    【億トレーダーが暴露】FX必勝法を「最短で入手する方法」とは?

    勝てないトレーダーが、最初に(永遠に?)陥る落とし穴といえば、ひた…

  4. Uncategorized

    【FX自動売買】億トレーダーが「ポジポジ病のメカニズム」を暴露します。

    人間が生きていく上で必要不可欠なものといえば、水、空気、太陽、そし…

  5. Uncategorized

    【FX自動売買】億トレーダーが「FX商材業界の闇」を暴露します。

    EA3の無料配布を始めて3ヶ月ほど経ちましたが、想像以上の反響をいただ…

  6. Uncategorized

    【超神回】天才トレーダーの口座を「完コピ」したら聖杯すぎた・・・。

    超神案件、ついに一般公開できる日がやってきました。コロナ渦で新たな収入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   どんなに些細なことでも、お気軽にどうぞ♪♪

人気記事

  1. Uncategorized

    【FIRE】投資を「今」やるべき2つの理由とは?
  2. Uncategorized

    【閲覧注意】住宅ローン破綻者続出の “闇” を暴露します…
  3. Uncategorized

    【神案件】14年無敗の「トレード必勝法」を一般公開します。
PAGE TOP